読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンコールをひっそりと

お芝居、ジャニーズ ちょっと偏った感想とか

『KYUHYUN Solo concert 秋のような追憶、ある小説家の物語』 10/30ライブビューイング

30日のライブビューイングいってきました!

なんかいつもわたしが見ない日の方がゲスト豪華なんだけど気にしない!(前日はイェソンさんがゲストでヒチョルとかレッベルちゃんも見に来てたらしい)

 

続きを読む

『おん・いべんと 真夜中の弥次さん喜多さん』10/28 19:00

(於:マウントレーニア ホール)

ハロウィン前夜?の渋谷に弥次喜多が!やってきた!

 

目の前に弥次喜多のお衣装着た二人がいるってだけで感動した!

所詮“新規”なもんで、おんすて弥次喜多見れなかったことをものすごーーく後悔してるけど、舞台ではないところで弥次さんと喜多さんに会えるってすごく不思議な感覚でした。

しかも前から3列目という近さ。感動。まぁ端っこでしたけど。

 

しょっぱなから『えにし』をご披露してくださって…!

しかもちゃんとMVと同じようにお布団持ってきてくれた~

(お布団の柄が逆さだった~)

お二人がカスタネットを取り出したのをみて、自分がカスタネット持ってくるのをすっかり忘れていたことを思い出しました。

ここで使わずにいつ使うんだろうあのカスタネット…。

 

夜の部のMCは赤牛役とかの西山丈也さんだったんだけど

天然なのか?めっちゃ可笑しかったし可愛かったw

 

あと途中の、セリフあてゲームでは諸岡さんもゲストで来てくれたけどほんと思考が四次元ですごく笑った…めっちゃ笑った…

やっぱ即日でまとめなきゃだめだな。記憶は持ちません。

フルーチェ!」

フルーチェピーチ!」

で笑ったのは覚えているんだけど(曖昧が過ぎる)

ふっきーさんがクイズで画面見あげてアヒル口で悩んでるのは本当にあざといなぁと思ったし、唐橋さんはゆるふわが過ぎて可愛かった。。

あと赤牛の思い出しのときマイクとおして普通に笑ってるふっきーさんは可愛かった。

 

レポなんて書けるほどのもんでもないので、

印象的だったやり取りだけ。

ーーーーーー 

弥次さん CHAGEです

喜多さん ASKAです

弥次さん おいやめろよ、…まちがっちゃいねぇ

 

喜多さん おいらやりたかったことがあるんでぇ

弥次さん コントの始まりみてぇだな なんでぇやってみな

喜多さん やってみていいか (客席に)一番遠くからきたってひと!

弥次さん おおライブみてぇだ

 

喜多さん おいらもうひとつやりたいことがあるんでぇ

弥次さん なんでぇ

喜多さん 『みず、飲んでいいですか?』

弥次さん おおあれかい、客席そっちのけで水飲むやつかい

ーーーーーー

レゴブロックのようだ

「「まるで」」

 ーーーーーー

 

その場にいたときはめちゃくちゃ面白かったのに

文字にすると伝わらないw残念である…

 『弥次喜多ダンシング』も披露してくれて

終演後は物販にもお二人が出てきてくださって

んんんもう素晴らしかった。

喜多さんの帯がリボン結びだったりちょっとキラキラしてるのを間近で見てしまった…

 

6月の再演舞台は今度こそ行く!

 

舞台『ROSE GUNS DAYS-season1-』9/23ソワレ、9/24マチネ

進戯団 夢命クラシックス×07th Expansion vol.2

2016年9月21日(木)~25日(日)

俳優座劇場

 

舞台ローズガンズデイズ、略してローステ。

太陽の主演舞台だけどなぁどうしようかなぁ

と相変わらず『2.5次元』であることでなかなか決心がつかなかったんだけど

結果として観に行ってよかった~楽しかった~!

 

 

続きを読む

心機一転

はてブロつくる前に使ってたlivedoorブログから記事をお引越しさせました!

 

前ブログの方が編集しやすいような気がしていたから、はてブロはロムと感想以外の小さい独り言ぐらいにしよう~と思ってたんだけど、よく考えたらそんな頻繁に記事を書く方でもないから分けておく必要もないし、編集云々はきっと慣れで何とかなるでしょう。

と、言うわけで、スマホの機種変をきっかけにスマホ内アプリの断捨離と称してひとまとめにー!

 

意外にもエクスポート→インポートはすんなり行ったし画像も問題なく引き継げてるみたい。

ついでにブログタイトルも変えました。

そんなに執着してるわけじゃないけどなんとなく前のブログのタイトルに。

 

結構観た後にツイッターで感想だらだら流して終わり!ってなる舞台が多いけど、こないだ読んだ本で記憶するには感想・レビュー等の記録が大事って言ってて、今更当たり前のことだけど納得してしまった。月に1本以上はなにかしら観てるはずなのに、確かに覚えてない作品はたくさんある。お金使ってそれはもったいないから、よかったことも悪かったことも、素直に感じたこと記録できたらいいなぁ。

とはいえ昔から記録することが続かない性分なので、続くかはやっぱりわからないけど、とりあえずこの場があるってことが、大事かな。

 

 

舞台『ホイッスル!BREAK THROUGH‐壁を突き破れ‐』9/2ソワレ

news_xlarge_whistle

2016年8月31日(水)~2016年9月6(木)
シアター1010
http://whistlestage.com/index.html


ホイッスル観てきたー!!
超懐かしかったけどあんまり覚えていない、、と言ったら友人が全巻貸してくれました。最高。
発表があったときは正直行こうと思ってなかったんだけど、太陽が出ることを知ってどうしても気になって買ってしまったチケット。原作読み返して渋沢キャプテンを太陽がやるんだと思うとすごくワクワクしたことも含めてすっごく楽しかった。ついでに友人に誘われたので3日のライブビューイングも観に行っちゃって2日連続見ることになりましたとさ。 

結果として青エクで前向きになった2.5次元のイメージをもっと前向きにしてくれました。
まずこれだけの人数をいっぺんに板の上に乗せちゃうのがすごい。
あと若いキャストたちが毎日あげてくれる現場報告が可愛くて可愛くて。
まるで部活そのもののようだ。懐かしくて羨ましい。運動部ではなかったけど。


内容に触れる感想は続きから。


 

続きを読む

舞台『青の祓魔師 京都紅蓮篇』8/13ソワレ

image


2016年8月5日(金)~14日(日)
Zeppブルーシアター六本木
http://www.ao-ex.com/stage/

あらすじ
魔神(サタン)の血を引く少年・奥村燐は、祓魔師(エクソシスト)である弟・雪男の指導の下、祓魔塾で仲間たちと訓練に励んでいる。
ある時、正十字学園最深部に封印されていた「不浄王の左目」が奪われる。さらに京都出張所に封印されている「不浄王の右目」も何者かの襲撃を受け、燐たち祓魔塾生は霧隠シュラを隊長に増援部隊として京都に向かう。犯人の目的は、江戸時代に数万人を殺したという悪魔「不浄王」の復活だった――――!
かつてない危機に陥った京都を救うことができるのか!?
(初期フライヤーより)


-----
大まかの感想としては、
すごく良かった!!!
今までみた所謂2.5次元舞台のなかで一番良かった。
2.5次元も、日本の演劇界にこんだけ台頭してきてるんだから自分も受けいれなきゃいけないな、とは思っていたんだけど、いざ見るとやっぱり「これは違う」「わたしはこのジャンルに入っていけないんだ」と思うばかりだったんだけど、物が変わればちゃんと「芝居してる」作品だってあることに気づかせてくれた。私の世界が狭いだけだった。
私の中でいろんな世界が開けた作品でした。


以下内容含む。



続きを読む

最遊記にハマりました。

20年前の作品に・・・?

いっ・・・今更・・・・?

 

自分が一番そう思ってて面白いので記録しとく。

---------------

正確に言うと、2010年代の『最遊記歌劇伝』にハマった。

●2016年7月11日(月)。加藤シゲアキくんの29歳のお誕生日の深夜2時。

寝る前の軽い日課になってる『仮面ライダーアマゾンズ』をタブレットで観た後、何気なく某動画サイトを漁っていたら『最遊記歌劇伝を知って欲しい動画』にであう。

観る。1時間強ある動画だと知らずに観はじめる。3時過ぎごろ観終わる。

めっちゃ気になり始める。

寝不足で出社(いつものこと)

 

●2016年7月12日(火)。これまた日付が変わるくらいの夜中。

最遊記歌劇伝-God Child-』の全編を某動画サイトで見つける。

観る。2時間半弱あった。観終わる。落ちる。

次の日半休を利用してブックオフなどで関連商品を探してみる。

ない。まじか…!

 

●2016年7月13日(水)。

最遊記歌劇伝-Burial-』DVDをアマゾンでポチる。

 

●2016年7月15日(金)。

某中古店で漫画『最遊記(無印)』をようやっと見つける。とりあえず1,2巻だけ購入する。

最遊記歌劇伝-Burial-』DVDが届く。観る。ハマった。完全に落ちた。

 

●2016年7月16日(土)。

中古でも手に入らないことがわかったため電子書籍で漫画『最遊記(3~9巻)』を購入。一気読み。

『~Burial』の特典DVD見る。愛しさがあふれる。

 

●2016年7月17日(日)。

最遊記RELORD』『最遊記RELORD BLAST』を電子書籍で購入。一気読み。

 

●2016年7月18日(月・祝)。

ネットに落ちてる色んな情報をかき集め、ハマリたてって楽しい・・・!の時期を楽しんでいたら一日が終わっていた。 ←イマココ

---------------

 

という怒涛の一週間でした。

自分でもびっくりしててほんと面白い。

今は舞台で現状最新の『最遊記歌劇伝-RELORD-』をポチりたくてしょうがないんだけど今頼んじゃうとド平日に届いてしまってきっと我慢ができなくなるのを防ぐためまだしてない。

一応2000年代はアニオタしてた時期もあったから最遊記は知ってたけどメインのキャラの名前と性格が一致する程度でこのテの絵柄は好きにならないもんだと思ってスルーしていたんだよなぁ。というか多分当時の私にとってはオトナな作品だったように感じてた気がする。忘れたけど。

今回のきっかけは完全に鈴木拡樹くん。ペダステDVDを友達に見せてもらってから気になり始めて、今や2.5次元に引っ張りダコな彼。そういや三蔵ってどんなんだったんだろ?って思って興味持っちゃったのが駄目だった。エモすぎる鈴木拡樹演じる三蔵にぐぐぐっと引き込まれました。アニメは観てないから再現度とか知らんし漫画も観てから読んでるから後付の知識しかないけど三蔵は鈴木拡樹くんでしかなかった素晴らしかった。ドスの聞かせ方とか衣装捌きとかもう美しくて美しくて。。。

あと太陽。鮎川太陽。どうしてもYa-Ya-Yahのころの幼い太陽のイメージが強すぎるんだけど、数年前に某原作ものの舞台をみてああ、おっきくなったなぁ・・良いところでお仕事できてるんだなぁとしんみりした。悟浄役をやってることも知ってたけど改めて映像をみたらもう四肢が長くて等身が本当に2次元。漫画よりスタイル良いってどういうこと…?お顔も美しくて…。この世界に残ってくれてありがとうと感謝してもしきれない。ありがとう。

鯛造くんも昔から知ってるんだけど実はなかなか特徴をつかみきれなくて“なんかアクロバットがすごい子”っていう漠然としたイメージから悟空役を観て定着した。いやアクロバットがまじすごい!悟空の純粋さ・無邪気さ・強さをあんなにもしっかりと演じてくれて、悟空は鯛造くん以外の何物でもない。『~Burial』の悟空の章で三蔵の名前を聞くところで流した涙がとても綺麗で感動した。ぐぐぐっと掴まれた。

藤原祐規さんはこの作品が初見だったんだけど声が綺麗ー!っておもってたら声優さんなのかー流石ー!めっちゃ声が!なんかすごい八戒!お顔はたぶんイケメンでは…ないんだけど声と身のこなしがめっちゃ八戒でフッキーさんの八戒を知れてよかったなぁと思う。ツイッターでも言ったんだけど、この良くみちゃうとかっこよくないんだけどナニコレかっこいい…!って感覚はタータン(香寿たつき)以来の衝撃(※伝わらない)

 

ってこのまま書いてたらキリがなさそうなので今日はこの辺で。

とりあえず『最遊記歌劇伝』に出会った衝撃がすごかったので記録。

オタクごとの行動力には定評がある…と毎回言ってるけど今回も展開が早すぎてマジビビる。

今週の水曜日あたりにリロードポチるぞ~!

新しいことって楽しい!!

願わくばこの4人で続編があらんことを…あっあと唐橋さんも…

拡樹くんのスケジュール次第だろうか…